育児休暇中です。子育ての合間に、のんびりと中国語と韓国語を勉強しています。


by yue97
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
随分前ですが読み終えました。
ドラマでも泣けたけど、それ以上に泣かされました。

実はドラマの最後の方、あまりにも辛い展開が続き過ぎて、気合いを入れて見ると精神的にダメージを受けそうなので、家事をやりながら軽ーく見ていました。

でも文字で物語の世界に入ると逃げ場がなく、どっぷりとはまり込んでしまいました。
ドラマでは主人公の言動がとても身勝手に思えて共感できない部分があったのですが、主人公の一人称で感情の動きが丁寧に書かれていたこともあり、読んでいるとかなり納得。そりゃそうなるよね〜と思えました。

でも沢山出て来る古詩や歴史上の人物の名前やそのエピソードなどには苦労しました。中国の人なら知っていて当たり前のことなんでしょうか?
色々調べるのは楽しいけれど、漢詩をスラスラ読みこなせるようになる日は私には永遠に来ないんだろうなあと、ちょっと絶望的な気持ちにもなりました。

ドラマは原作にかなり忠実ですが、原作にしか書かれていないこともあり、逆にドラマオリジナルのシーンもあり、違いを探して比較をしながら読むのが楽しかったです。
ドラマにはまった人には原作は非常にお勧めです。
日本語訳も出ないかなあ。出るといいなあ。

この「步步惊心」、ドラマも小説も本当に良かったので、続いて同じ作者の「大漠谣」を読み始めました。こちらもドラマの放映が予定されているようなので、とっても楽しみです。
今度はドラマを見る前に小説の方を読み終えたいと思っています。
[PR]
# by yue97 | 2013-02-04 22:03
2013年が始まりました。

初詣などで神社やお寺にお参りに行くといつも思うのですが、最近はお願いごとと言えば「世界平和」「家族の健康」の類ばかり。
もちろんそれも大切なことではあるんですが、「○○できるように頑張ります!」「△△を達成できますように!」などと熱心に決意表明やお願いをしていた頃と比べると、良く言えば欲が、悪く言えば向上心が無くなっているのを感じます。

そこで今年の目標は、自分のことにちょっと貪欲になってみることです。

「子育てがあるからこれはできない」「今の私にこれは不要」と自分に言い聞かせ、考えることや行動することを放棄してしまう癖を治して、好奇心と物欲(笑)旺盛な一年にしたいものです。


ところで長い間放置していたこのブログですが、ドラマ「宮廷女官若曦(步步惊心)」がきっかけでふと書きたくなりました。
ドラマ名で検索して見て下さる方が多いのが嬉しい反面、大したことを書いていないことが申し訳なくなります。
でもドラマのこともそれ以外のことも、時間を見つけてちょこちょこ更新して行こうと思っています。
本年もどうぞよろしくお願いします!
[PR]
# by yue97 | 2013-01-05 23:51 | 日常

步步惊心のDVD

f0075925_3434411.jpg

予定の日になっても届かず、ちょっと不安になりましたが、一ヶ月近くかかって到着。大陸版です。
中国Amazonで送料合わせて約90元でした。

第一話だけ見ましたが、ラストシーンが絵になって横に詩が出るあの画面がない!これはちょっと不満。
それはともかく、この頃の若曦は元気で今とはまるで別人。懐かしいなあ。

TVの放送はとうとう残り3話となりました。
最近はひたすら重苦しく悲しい展開。
死んで行く人もいるし、生きている人もみんな鬱屈した状態だし、とても前のように楽しくは見られません。
あまり真剣に見てしまうと気持ちが塞いでしまいそうなので、なるべくのめり込まないことを心がけていますが、最後まで見ればきっと抜け殻状態になるんだろうな。

そう言えば先週は四爷が「若曦が例えどんな世界に行ってしまっても必ず見つける」とか言っていたし、八爷も「来世では…」と言う話をしていました。
小説の方はまだここまでたどり着いていないので、原作に元々あったセリフなのかも知れませんが、これは続編への伏線なのかな?と勝手に期待しています。早く作って欲しいなあ。


小説は若曦が緑蕪さんと13爷のために雨の中嘆願、14爷が差し入れを持って来てくれたところまで読みました。
14爷大好きな私にはたまらないこのシーン、改めて文字で再現されて泣けました。
しかもあのパサパサした感じのお菓子が「芙蓉糕」だったことを知り、更に!
十爷が明玉とモメてたときに若曦が例えに出した「冰糖葫芦と芙蓉糕」の話を覚えていたんでしょうか。
十四爷、やっぱり大好きすぎる。

と、熱く語りたくなるドラマに出会ったのは本当に久しぶりです。
今週で終わってしまうことが本当に寂しいですが、残り3話、大切に見ようと思います。
[PR]
# by yue97 | 2012-12-02 18:20 | 中国語ドラマ

步步惊心

f0075925_141913.jpg

BSジャパンで放送中のこのドラマ、密かに話題になっているようですが、私も夢中で見ています。

「宮廷女官若曦(ジャクギ)」という韓国ドラマと間違えそうな邦題だし、ごく普通のOLが清朝にタイムスリップなんていう少女漫画チックな内容らしいし、うーん、あまり見る気しないなーと思っていました。始まる前は。
でも軽い気持ちで第一話を見て見事に嵌ってしまいました。

登場人物(特に皇子たち!!)は魅力的だし、衣装も綺麗で上品。

そして何と言ってもストーリー。
良家のお嬢様の身体にタイムスリップして、皇子たちに大人気で愛情も友情も芽生えまくり、しかも皇帝にもいたく気に入られ…なんて、ともすれば怒りが湧いてきそうな設定なのに、その人間模様は実に切なく繊細に描かれていて、ぐいぐい引き込まれます。

特に恋愛絡みのエピソード。
こんなことされるとそりゃ好きになるわ、こんな風に言われると絶対惚れてしまうわという、女性の心理をよくわかっている人が作ってるなあと感心。
この歳になってドラマでこんなにドキドキしたりニヤニヤすることになるとは思わなかったですよ。

しかし史実を見れば登場人物たちの行く末は決して明るいものではないそうで、物語はどんどん悲しい展開に…。
もう既に何度も泣かされましたが、これから更に辛いお話になって行くのかも。

TVの放送が待ちきれなくてネットで先を見たくなるけど、どんどん見てしまうのも勿体無くて、あまり見ないように自制中。
かわりに原作の小説を読みはじめました。こちらも止まりません。

見たいドラマや読みたい本があると、中国語をもっと勉強したい気持ちになって来ることを久々に実感しています。
[PR]
# by yue97 | 2012-11-12 22:46 | 中国語ドラマ