育児休暇中です。子育ての合間に、のんびりと中国語と韓国語を勉強しています。


by yue97
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

步步惊心のDVD

f0075925_3434411.jpg

予定の日になっても届かず、ちょっと不安になりましたが、一ヶ月近くかかって到着。大陸版です。
中国Amazonで送料合わせて約90元でした。

第一話だけ見ましたが、ラストシーンが絵になって横に詩が出るあの画面がない!これはちょっと不満。
それはともかく、この頃の若曦は元気で今とはまるで別人。懐かしいなあ。

TVの放送はとうとう残り3話となりました。
最近はひたすら重苦しく悲しい展開。
死んで行く人もいるし、生きている人もみんな鬱屈した状態だし、とても前のように楽しくは見られません。
あまり真剣に見てしまうと気持ちが塞いでしまいそうなので、なるべくのめり込まないことを心がけていますが、最後まで見ればきっと抜け殻状態になるんだろうな。

そう言えば先週は四爷が「若曦が例えどんな世界に行ってしまっても必ず見つける」とか言っていたし、八爷も「来世では…」と言う話をしていました。
小説の方はまだここまでたどり着いていないので、原作に元々あったセリフなのかも知れませんが、これは続編への伏線なのかな?と勝手に期待しています。早く作って欲しいなあ。


小説は若曦が緑蕪さんと13爷のために雨の中嘆願、14爷が差し入れを持って来てくれたところまで読みました。
14爷大好きな私にはたまらないこのシーン、改めて文字で再現されて泣けました。
しかもあのパサパサした感じのお菓子が「芙蓉糕」だったことを知り、更に!
十爷が明玉とモメてたときに若曦が例えに出した「冰糖葫芦と芙蓉糕」の話を覚えていたんでしょうか。
十四爷、やっぱり大好きすぎる。

と、熱く語りたくなるドラマに出会ったのは本当に久しぶりです。
今週で終わってしまうことが本当に寂しいですが、残り3話、大切に見ようと思います。
[PR]
by yue97 | 2012-12-02 18:20 | 中国語ドラマ